新車購入を検討している管理人が運営する情報サイト

マルク調査隊!

レクサス(LEXUS) 自動車ローン

レクサスのスマートバリュープランはココが重要!メリット・デメリットをズバリ解説!

更新日:

レクサスの展示場にて目にするのが「スマートバリュープラン」という、残価設定型自動車ローンの立て看板。店内で聞いた話によると、レクサスでローンを利用する方の約半数ぐらいはこちらを利用しているらしいです。

「RX450hが月々19,900円からだと・・・ゴクリ」と驚きを隠せない管理人が一先ず冷静になって、スマートバリュープランについて調査してみました。

スマートバリュープランをわかりやすく解説!

ココを理解すればよくわかる!

レクサスのスマートバリュープランを理解するには「レクサス|ローン支払い額シミュレーション 」をつかい、シミュレーション結果の数字をみていくとわかりやすいです。

以下は、NX300(2WD)にて支払60回を選択した場合の結果です。

ステップ1.
まずは最終回支払額をチェックしよう|最終回支払額とは

まずはシミュレーション結果がでたら「最終回支払額」という金額をチェックしてください。

上記の例で言うところの「1,676,180円」という金額です。

この金額はNX300(2WD)という車両の約5年後の予想査定金額です。

最終回支払額 = 最終回支払後の予想査定金額

この5年後の予想査定金額は据え置き、

その差額をローンで支払いをするのが「レクサスのスマートバリュープラン」です。

いわゆる、残価設定型自動車ローンと呼ばれる返済方式です。

最終回支払額は同じ価格帯の車でも車種により比率が変わります。将来的にも人気のあると見込めるタイプの車種、希少価値のあるモデルの方が高額になるため、ローンでの支払金額が少なくなるわけです。

ステップ2.
約5年後に最終回支払いが完了したらどうするの?

三つの選択肢から一つ選びます。

  1. 車を返却する。
  2. 車を買取る。
  3. 別の車に乗り換える。

その際には、車を査定して

5年前に予測した、最終回支払金額(1,676,180円)との差額を計算します。

  • 最終回支払い後の査定金額が「1,676,180円」より多ければ返金。
  • 最終回支払い後の査定額が「1,676,180円」より少なければ別途支払い。

「最終回支払額」での買取保証は無いので、不足していれば別途支払いが必要になります。

ステップ3.
最終回までに支払う金額を把握しよう

ここは計算だけでいきます。

最終回までの総支払金額=ローン元金-最終回支払額+分割支払手数料

実際に計算してみました。

4,411,000(ローン元金)-1,676,180(最終回支払額)+1,663,199(分割払手数料)=3,367,979円(最終回までの総支払金額)

つまり、約5年間で合計3,367,979円を支払うわけですね。

ステップ4.
スマートバリュープランの金利を確認しよう

実質年率とは、金利と手数料などすべてを合わせた諸費用の合計額です。

レクサススマートローンの実質年利は「4.1%」です。

実際に支払う金利を含む諸費用は、シミュレーション結果に「分割払手数料」として明記されています。

ちなみに、スタンダードプランについても実質年率は同じく「4.1%」です。スマートバリュープラン、スタンダードプラン、どちらを選択しても実質年率(金利)は変わりません。

スマートバリュープランのメリット・デメリット

スマートバリュープランのメリット

主なメリットは下記の二つ。

  • 月々抑えた金額で高級車に乗れる。
    今すぐに低予算でレクサスに乗れるというのが最大のメリットです。
  • レクサスは下取り相場が高い。
    レクサスは中古市場でも値崩れが少ないので、他の車よりも残価設定型自動車ローンには向いていると考えられます。ディーラーが引取るという付加価値もプラス要素です。

スマートバリュープランのデメリット

主なデメリットは下記の二つ。

  • 実質年率(金利)が高い。
    実質年率だけみれば銀行のマイカーローンより高額になります。ただし、購入を目的としていなければ、損得はいい切れません。
  • 自分のものという所有感は少ない。
    車の名義人はおそらく「トヨタファイナンス株式会社」、または「ディーラー」です。どちらにせよ、自分名義にはなりません。

事故したら困る・・・。

などは、現金購入でも困るので割愛しました。現金購入でも同じように困ります、問題なのは「購入後にお金に余裕があるか?」という点ですね。車検、整備費用、保険なども同様です。このリスクが気になるのであれば、購入自体を再度検討しなくてはなりません。

今回調査してわかったこと

スマートバリュープランがおすすめなケースとは

最初から結論いきます。

5年以内に、ほぼ確実に乗換える予定のある方!

もうこれにつきます。

インターネットの情報をみると”銀行のマイカーローンの方が金利が安い=絶対に得だ!”という口コミが多いようですが、それは車を購入した場合の話です。残価設定型自動車ローンは数年間乗って、その車を返却するまでを想定したローンだという点を忘れてはいけません。

マイカーローンで購入して5年後に売れば得じゃん!

と思われる方もいるかもしれませんが、ディラーが買取るという付加価値を忘れてはいけません。とくにトヨタ系列は「T-UP」という中古車販売の流通経路もあるため、ディーラーの下取りが優秀だと言われています。

以上が、レクサスのローン、スマートバリュープランについての調査でした。

人気のある記事

1

2018年11月27日より発売がスタートした、新型レクサスのコンパクトクロスオーバーSUVの「UX」を展示場にて見学してきました。実際に車を見て店頭で話を聞いてきた内容などをもとに、見積りと合わせてご ...

新型プリウス 正面 2

2018年12月17日に記者発表された、新型プリウスのマイナーチェンジについて店頭で話を聞いてきました。現行とマイナーチェンジ後の違い、実際の見積書も合わせてご紹介していきます。購入を検討している方は ...

3

2018年10月18日にフルモデルチェンジして注目を集めているメルセデス・ベンツのコンパクトカーの「Aクラス」を展示場にて見学してきました。 実際に車を見て店頭で話を聞いてきた内容などをもとに、見積り ...

-レクサス(LEXUS), 自動車ローン

Copyright© マルク調査隊! , 2021 All Rights Reserved.